T-TOC RECORDS

CADENZA ARTIST

宅間善之

実力派イケメン・ヴィブラフォン奏者 

幼少の頃よりマリンバ奏者である父・宅間久善の影響を受け、マリンバを始める。高校在学中よりジャズに興味を持ち、マリンバと並行してビィブラフォンを始め、ジャズ理論を村井秀清に師事。
高校卒業後、『Suiside Sports Car』のメンバーとしてプロデビュー。
同バンド脱退後、アメリカのバークリー音楽院に留学。ビブラフォンを デイブ サミュエル, エドセインドン, ビクター メンドーサ、マリンバを三村奈々恵に師事。在学中に多数のコンサート、ライブ、レコーディングセッションをこなし、上原ひろみ、元晴(Soil & Pinp Sessions)等と共演。
2002年、Most Active Mallet Players Awardを受賞。
2003年、同大学を卒業。
帰国後はライブハウスや有名ホテルでのブライダル、パーティー、ラウンジ演奏などで活動する傍ら、スタジオミュージシャンとして氷川きよし、Rag Fair、クミコ、quasimode、手塚治虫アニメで冨田勲氏の作編曲によるオリジナルサウンドトラック「ブラックジャック二人の黒い医者」等のレコーディングや、アーティストのライブサポート、実父である宅間久善のレコーディングとコンサートツアーにも参加し、楽曲提供も行っている。
2007年にはジャズの老舗ライブハウス『スイートベイジル STB139』への出演や、『瀬戸内寂聴訳「源氏物語」より詞劇 艶は匂へど・・・』に音楽担当として参加、好評を博す。
これらの出演をきっかけに実弟・政彰と兄弟鍵盤打楽器ユニット『MALLET×PIT』を結成。これまでに2枚のCDをリリースし、ライブやイベント出演などでも活動している。
自己のグループでは作編曲も担当し、首都圏有名ライブハウスで活躍中。2013年秋には初のリーダー作として、カルテット編成でのファーストアルバムを発売予定。
ジャズ、フュージョンを中心にラテン音楽、クラブミュージック、演歌、ヒーリングミュージックなどジャンルを問わずに精力的に活動している数少ないマレット&パーカッション奏者である。
 

Official Web Site

ディアリオ

 

2013.10.09release
XQDN-1043 ¥2,667+税

打楽器の特性を生かしたアグレッシブなサウンドとヴィブラフォン特有の心地いい響きを余すところなく閉じ込めた若手ジャズカルテット。

【CD】
1.on the way home -Prologue- [Vib solo ver.](宅間善之)
2.Early to rise(宅間善之)
3.夜光列車(宅間善之)
4.MILANO(J Lewis)
5.Vacation Travel(宅間善之)
6.Xel-Ha(宅間善之)
7.Horsetail(宅間善之)
8.on the way home(宅間善之)
9.月の沙漠 Dessert Moonlight(佐々木すぐる)
10.Under The Tree(宅間善之) 

ヴィブラフォン奏者宅間善之カルテットのデビューアルバム!
マリンバ奏者である父・宅間久善の影響を受け、クラシックマリンバを始め、2009年には弟・宅間政彰とデュオ「MALET×PIT」(ANOC-6154)で全国デビューを果たした宅間善之のリーダーカルテットでのアルバム。
オリジナル曲のほとんどが旅行をした時に思いつき、まるでこのアルバムが自分の日記のようになっている事と、日記帳を持つくらい気軽にアルバムを手にとって欲しいとの思いから「diario」と名付けた。
打楽器の特性を生かしたアグレッシブなサウンドとヴィブラフォン特有の心地いい響きをティートックレコーズ代表金野貴明の高精細な録音技術で余すところなく閉じ込めている。
メンバーは昨年トリオで2枚目のリーダーアルバムをリリースした田中さとこ(piano)、こちらも昨年リーダーアルバムをリリースした中林薫平(bass)、川嶋哲郎Quartet、徳田雄一郎 Ralyzz Digでの活躍も目覚ましい長谷川ガク(ds)の若手強力カルテットで臨んだ渾身の一作!